M&A会社を使うメリット|飲食店のコンサルタントで赤字知らずの店になる
男性

飲食店のコンサルタントで赤字知らずの店になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. M&A会社を使うメリット

M&A会社を使うメリット

オフィス

中小企業の売却に有利

会社売却には色々な理由があります。特に中小企業の場合は後継者がいなくて経営を断念するケースが多くみられます。中小企業の場合は売却がスムーズにいかない事例も多いので、初めから会社売却を諦めてしまうオーナーもいます。悲観的になる前に会社売却を専門に行うM&Aの会社に相談をするべきです。専門のM&A会社には多くの情報が集まってくるので、想定外の売却先が決まることがあります。会社売却では売却の見込額を算定する必要がありますが、色々な方法があります。複雑なそれらの計算でも、専門のM&A会社なら適切な方法でサポートしてくれます。また単なる売却ではなく合併や株式交換や会社分割などの手法についてのアドバイスをもらえるので、多くのオーナーがこのような専門のM&A会社を利用しています。

株式譲渡による売却方法

会社売却をする時、一般的には株式譲渡という方法がとられます。この方法は手続きが最も簡単で、売却によって得られる利益の税率が一律20パーセントと決まっているのでとても有利です。会社売却をすると、従業員の処遇などが大きな問題となります。しかし株式譲渡という方法なら、従業員の雇用や取引先との契約関係は維持されるのでスムーズに手放すことができます。複数の会社を持っている場合の方法として、1社に合併させるという方法もあります。これによって他の会社を消滅させて身軽にできます。そうしておいてから株式譲渡という方法で会社売却を行うことも可能です。会社の経営が負担な場合は事業の一部を譲渡して、事業を縮小するという方法もあります。会社売却を決断する前には色々な方法を検討するべきです。